自己紹介

名:たぁむ
詩:中学生の頃から心の澱を吐き出す為に書いていた。
今は趣味でのんびりまったり綴っている。
ブログ:ものもの縁側日記

最新記事
カテゴリ
コメントありがとう
リンク
コソッと参加しています
   
(ポチッとな!して下さると禿げ見…じゃない!励みになります)
月別アーカイブ
お越し下さりありがとう
ブログ内検索はこちら
メールフォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

ようこそ♪

  こんにちは!お越し下さり、ありがとう*^-^*
  趣味のブログに改装して、再開です。
  週に1~2作程度の公開予定。今後とも宜しくです♪

明日も当たり前の様に
また会えると
信じて疑わなかった
純粋な子どもの頃と
今は違うのだ

明日は当たり前では無くて
何事も無く
日々を過ごせる様に
祈ってばかりの
そんな大人になった
スポンサーサイト

テーマ : 詩・ことば
ジャンル : 小説・文学


眠そうな目 じっと見やれば 一瞬で 目付き鋭く 猫パンチ食らふ


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
何回か猫パンチ食らいそうになった事が…(汗・笑)
皆様はお気を付けを^^
小さなかわいい顔が
パッと咲いた
紫やピンクや黄色の
色取り取りの顔が
緑の葉っぱに囲まれて
ちょっと照れているのが分かる
春がもう来ているんだね


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
これは学生の頃の作。
季節の変わり目で天気も荒れ易い
でもこの日は
穏やかな陽射し
蕾が綻び始めるには
まだ早いけれど
その中に未来への
期待と不安を包み隠して
待っている
自分の可能性の花びらが開くのを

新聞の 3/11の 被災者の 取り上げられし 記事は滲んで


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
3/11…東日本大震災。
大震災の記事に限らず、何だか以前より涙腺が弱くなっているような…。
え?年の所為??(大汗)
春になれば卒業式
この学校とも もうお別れ
少し嬉しくて
少し寂しくて
出来上がったばかりの
アルバムには
思い出が詰まっている
楽しかった日々も
辛かった日々も
そこに収められている
さようならの季節だけれど
新しい出会いも沢山待っていて
人がほんの少し大きくなれる
そんな季節


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
これは学生の頃の作。
子どもの頃
サラサラツヤツヤストレートの
ワンレンに憧れていた
でも、哀しいかな
私の髪は量が多い上に天パ
雨の日には
纏まりづらい
今はお金はかかるけど
縮毛矯正している
憧れた髪質には程遠いが
これはこれで良しとしている
降り止まぬ雨が
私の心を 湿らせる

止め処ない想いが
私の心に 溢れ出す

零れ落ちる涙が
私の心を 洗い

雨上がりの雲間から
私の心に 光差し込む
今年の初雪は
例年より早く
霜月に降った

冷え込む朝に
雨から雪へと
状態を変えて

見える世界を
モノクロへと
鮮やかに変え

人々の足元に
降り積もって
やがて解けた

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
昨年11月に初雪が降った時に詠んだ作。
生きることが
こんなに辛くて 苦しくて

辛くて 苦しいこの時に
貴方が
  そばにいてくれたので
乗り越えることが 出来ました

私を支えてくれた
  貴方に感謝しています

ずっと ずっと
貴方は
私にとって大切な人です


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
これは学生の頃の作。